スポンサードリンク

子供近視の矯正

子供近視矯正方法として、古くから凹レンズの眼鏡が使われています。凹レンズが使われるのは近視眼の高すぎる屈折力を凹レンズで緩和するためです。こうする事により、網膜上にピントが合うようになります。医師の処方にもとづいて眼鏡を購入する事が大前提です。見えにくいままでいると、頭痛や肩こり、また生活するうえでのストレスとなるので、子供近視矯正してあげる必要があります。

子供近視矯正するのに眼鏡を使わない方法として、オルソケラトロジーがあります。特殊なカーブデザインが施されたハードコンタクトレンズを装用します。角膜形状を変形して矯正し、主に近視などの眼科的屈折異常を治療する角膜矯正療法です。残念ながら健康保険は適用されていませんので、割高になります。しかしながら、裸眼で過ごせる様になりますので、子供近視矯正するのにオルソケラトロジーは優れた方法であるといえるでしょう。

子供近視矯正するのに、オルソケラトロジーは非常に有効です。子供の角膜は柔らかく(水分が多いため)、レンズによる形づけがしやすいからです。仮性近視といわれる近視の極初期の段階であれば半年ほどで完全に近視が治ってしまうこともあります。従いまして、オルソケラトロジーを使うのであれば、早期に開始する事が、子供近視矯正する点で重要となります。

初心者でもアフィリエイト稼ぐ秘密

子供近視について

子供近視とは読んで字の如く、子供に起こる近視のことです。近視とは屈折異常のひとつです。眼球内に入ってきた平行光線が、調節力を働かせていない状態になります。結果、網膜上の正しい位置に焦点が合わずに、手前の方に焦点を結んでしまう状態となります。近眼ともいいます。近視は増加傾向にあり、子供近視も例外ではなく割合が増えています。

子供近視の割合は、小学生では4分の1、中学生では2分の1となっています。人間の眼球は、誕生から20代前半まで成長するので、誰でも例外なく近視の方向に屈折状態が変化します。つまりもともと生まれ持った遠視の強さによって、将来の近視になる度合いが決まることとなります。当然の事ながら生まれ持った遠視の度合いによって子供近視の度合いも決まります。

子供近視もが増加する理由については色々な説があります。一つ目はこの増加傾向はテレビの視聴、パソコンの使用など、生活習慣の変化によるものと言われています。二つ目は、小中学生の平均身長が伸びたことによる副産物とも言われています。何れの理由にせよ、子供近視は増えている、と言う事実には変わりはありません。

初心者でもアフィリエイト稼ぐ秘密
タグ:子供近視

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。