スポンサードリンク

子供近視について

子供近視とは読んで字の如く、子供に起こる近視のことです。近視とは屈折異常のひとつです。眼球内に入ってきた平行光線が、調節力を働かせていない状態になります。結果、網膜上の正しい位置に焦点が合わずに、手前の方に焦点を結んでしまう状態となります。近眼ともいいます。近視は増加傾向にあり、子供近視も例外ではなく割合が増えています。

子供近視の割合は、小学生では4分の1、中学生では2分の1となっています。人間の眼球は、誕生から20代前半まで成長するので、誰でも例外なく近視の方向に屈折状態が変化します。つまりもともと生まれ持った遠視の強さによって、将来の近視になる度合いが決まることとなります。当然の事ながら生まれ持った遠視の度合いによって子供近視の度合いも決まります。

子供近視もが増加する理由については色々な説があります。一つ目はこの増加傾向はテレビの視聴、パソコンの使用など、生活習慣の変化によるものと言われています。二つ目は、小中学生の平均身長が伸びたことによる副産物とも言われています。何れの理由にせよ、子供近視は増えている、と言う事実には変わりはありません。

初心者でもアフィリエイト稼ぐ秘密
タグ:子供近視
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

子供近視
Excerpt: 仮性 近視 子供ター:子供の視力東京視力回復センターは日本国内の公式治療実験において93.2%の回復率(第1位)を証明した室内この年齢を例にとると、仮性近視の期間が2~3ヶ月、真性近視が4ヶ月から2年..
Weblog: ネット辞典
Tracked: 2007-08-19 16:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。