スポンサードリンク

子供近視の矯正カテゴリの記事一覧

子供近視の矯正

子供近視矯正方法として、古くから凹レンズの眼鏡が使われています。凹レンズが使われるのは近視眼の高すぎる屈折力を凹レンズで緩和するためです。こうする事により、網膜上にピントが合うようになります。医師の処方にもとづいて眼鏡を購入する事が大前提です。見えにくいままでいると、頭痛や肩こり、また生活するうえでのストレスとなるので、子供近視矯正してあげる必要があります。

子供近視矯正するのに眼鏡を使わない方法として、オルソケラトロジーがあります。特殊なカーブデザインが施されたハードコンタクトレンズを装用します。角膜形状を変形して矯正し、主に近視などの眼科的屈折異常を治療する角膜矯正療法です。残念ながら健康保険は適用されていませんので、割高になります。しかしながら、裸眼で過ごせる様になりますので、子供近視矯正するのにオルソケラトロジーは優れた方法であるといえるでしょう。

子供近視矯正するのに、オルソケラトロジーは非常に有効です。子供の角膜は柔らかく(水分が多いため)、レンズによる形づけがしやすいからです。仮性近視といわれる近視の極初期の段階であれば半年ほどで完全に近視が治ってしまうこともあります。従いまして、オルソケラトロジーを使うのであれば、早期に開始する事が、子供近視矯正する点で重要となります。

初心者でもアフィリエイト稼ぐ秘密

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。